年だからこそキレイ色を着る

ご訪問ありがとうございます、着こなしコンサルタント®️吉川ちひろです。

レッスンやセミナーをしていて、聞こえてくる言葉に

「もう年だからね・・・・」

このあとに続くのは、

・パステルカラーとかは無理

・こんな鮮やかな色は無理

でもね、

こう言っている人は、たいていは

でも、着られるのなら着たいなぁーと思っていらっしゃいます。(吉川ちひろ調べ)

そんな時、お伝えするのが、、、

「もう年だから・・無理」と思っていらっしゃるのならば、

逆に

「年だからこそきれいな色、着たい色を着ましょうよ」

年を重ねてきて、若い頃に比べれば

肌がくすんできてるかも

シワが増えてきているかも、

少し疲れているかも、

ですが、

人生に深みを増してきているのです

外見だけでなく、中身も充実している年頃なんです

回りにあわせるばっかりでなく、自分軸にこだわっていい年齢になってきているということです。

人生100年といいますが、それは健康寿命ではない。

健康で、自分の選んだ好きな服を着て

ヒールを履いて、背筋をピンと伸ばして歩いて

いられるのは、さすがに100歳までは簡単ではないでしょ!?

外国のシニアの女性は、黒やグレーなどを好んできている人は少ないように感じます。

きれいなローズピンクのお洋服がチャーミング。

生き生きと自分らしく、

女性であることを楽しんでいる感じがしていいですよね。

そうはいっても、

黒、グレー、ネイビーなどベーシックカラーばかり着てきた人は、いきなりきれい色と言われても、何色から着ればいいか迷っちゃう。

そんな人におすすめは、パープル系。

特に薄い紫、ラベンダー、藤色は、どなたでもあいやすいです。

それも、グレーヘア(白髪ね)だと、めちゃくちゃ似合う色。

色彩心理でも、パープルは、

「気品、品格、高貴」などの意味があるから、大人の上品さもかもし出されてとてもおすすめです。

私も50代になってから、ラベンダー色を取り入れることが多くなってきましたよ。

もう年だからXXXは無理

ではなく、

年だからこそ、きれい色を着よう!!

に変えてみませんか?