Menu

メニュー詳細

プロフィール詳細
(さらに詳細のプロフィールです)

HPプロフィール欄に書ききれなかったエピソードをこちらに書いていきます。

<私がスタイリスト になった理由>
◈思春期編◈

小学生の頃、私は人形遊びが大好きでした。
クラスの女子たちの間ではりかちゃん人形が人気でしたが、私はハルミちゃんが好きでした。
なぜかわからないのですが、その頃から外見のこだわり強かったかも。

当時人形のお洋服というのは可愛いからたくさん欲しいのだけど、おねだりしても買ってもらうことはできず、仕方なく洋裁をしていた母の残り布やリボンを使って自分で人形のお洋服を作ってました(巻きつけてリボンで結んだり、簡単に縫っただけものものですが)。
それがとっても楽しくなり、市販の人形の服が欲しくなくなったことを覚えています。

服だけでは飽き足らず、人形の髪も切ったし、ヘアアレンジしたり、ペンでメイクもしたし、、、今思えばそれがトータルスタイリングしていたはしりかなって思います。

小学校高学年からはバレーボールを始めたので部活命!で人形遊びはだんだんと下火になりました。

そして思春期を迎えるのですが、
このプロフィールを書くにあたり、改めて振り返ってみると、

私がファッションにハマっていったのは、この頃のコンプレックスからだと気付きました。

高校生の時、自慢じゃないけど私本当にモテなかった。(自慢にならん・・・)
仲良しの友達たちが男子から告白されたり、彼氏ができたりしている中、私はと言えば好きな子に告白さえできず、いじけて、ひたすら部活に打ち込んで恋愛なんて興味ない風を装ってました。

そのころの私は、こんな私が男子に好かれるはずないと思っていたんです。
自分のまん丸でパンパン張った顔も、たくましい太腿も何もかも嫌い!
ここで当時の写真を掲載したいところだけでも、写真嫌いでクラス写真くらいしか多分残っていない。それくらい自分の姿にコンプレックスを持っていた。

そんな私でもやっぱり可愛くなりたい、女の子らしくなりたい、モテたいはあって、歌手の松田聖子ちゃんに憧れてました。

そして、そんな時、思い切ってパーマをかけたんです、スタイルはもちろん聖子ちゃんヘア。

そしたらね、髪型だけは本当に聖子ちゃんになりました。
毎朝ブローして鏡をのぞくと聖子ちゃんヘアの私がいる。

それだけでとっても嬉しかったです。

別に顔や体型が変わったわけではないんだけど、すっごくテンション上がったし、1日中気分は聖子ちゃん。鏡を見るのが楽しくなったし、メイクもすればもっと近くなれるかもとメイクも少しずつ始めました(ちょっとだけ校則違反)

そこから、、、おしゃれに目覚めました。
私服の学校だったので、可愛いフリルのブラウスやピンクのトレーナー、チェックのミニスカートにハイソックスなど雑誌や可愛くておしゃれな友達の真似っこしたり、とにかくおしゃれするようになりました。

そのころのバイト代は全部洋服に。。。。

そしてね、おしゃれするようになったら、「私なんて」「どうせ・・」という言葉がなくなりました。

ヘアスタイルやファッションが変わっただけでこんなにハッピーになれること、変わるってその時に体験しました。

はっきり覚えているけれど、顔も体型もコンプレックスあった時とたいして変わってません。

でも、以前とは確実に内面が変わりました。そしたら本当に表情も変わってきたし、「可愛くなった」と言われることもあったりしだしたんです。
あ、彼氏もできましたよ。

でもね、こうなるのに

変えたのは外見、ヘアや洋服だけだったんです。

自分の顔が好きじゃない、自分の体型が好きじゃない、そんな昔の私の悩みをファッション(外見作り)で解決したことが、今のこの仕事の原点になっているのかもしれません。

◈社会人編◈

その後大人になってからはますますファッション、ヘアメイクが大好きになりました。
稼いだお金をお洋服、小物などのファッションアイテム、

ヘアメイク、ボディメイク用品に随分とつぎ込みました。(計算するのも恐ろしい・・・)ハイブランドのバッグやお洋服も買ったし、着たいお洋服が綺麗に着れるように運動も毎日してインストラクターになれるほどエアロビに通って体型も整えたし、、、
(運動の動機は100%おしゃれのためだったという若かりし頃)

でも、自分の好きが強すぎて残念な会社員だった時期もありました。

制服のある会社の時はまだよかったのですが、私服の会社では、自分にしか矢印が向いていなかったので、先輩に派手すぎ、とか、カジュアルすぎ、と注意やアドバイスされても好きな服、似合う服着て何が悪いのよーな態度の私でした。
(あの頃こんな私を叱ってくれた先輩に謝りたい)

仕事の内容や周りのこと、バランスなんて全然考えてなかった若かりし頃。

現在ファッションってコミュニケーションツール、相手に対する思いやりだとお伝えしている私ですが、かつてはこんな大失態を演じていました。

どんなにファッションが好きでも、ビジネスシーンにおいては、その立場や役割、シーンやお相手のことを考えた装いをするべき時は自分の好みを優先しないということはあるのです。

外見を整えることはビジネス戦略の1つだから、スムーズにいくために必要なんです。

「身だしなみをきちんと」というのは社会人になってからビジネスマナーで一番最初に教えてもらうことだと思いますが、外見を整えることは、マナーだし、コミュニケーションスキルとも言えます。

(誰でも初対面の人や、クライアントさんと良好なコミュニケーションとりたいですもんね)

だから今、かつての私と同じ失敗をしないように、しっかりとその辺りもお伝えしていきたいなと思うのです。

そして思春期の私が、外見を整えるファッションやヘアメイクというツールを使って、自信を取り戻したこと、その後綺麗になる努力ができたこと、その努力も必死ではなく、習慣化されるにしたがって、楽しくなってきたという体験を、かつての自分と同じように悩んでいる方にたくさん手渡したいと思うようになりました。

*今の自分に自信が持てない、好きじゃない

*「でも、だって、どうせ」が口癖になっている人

*今更もう年だしなどと思っている人

そんな方のために外見を整えるファッションやカラー、ヘアメイクなどビジュアルのことはもちろん、心に関すること、マインドやカウンセリングや心理学などについても一緒に学んだほうがいいと思いました。

だから、私は最初からファッションやカラー、ヘアメイクなどと同時に、心理学やカウンセリング、質問、セラピーなどについても学んできました。外見と内面はつながっていますから。

内面の一番外側が外見であるとは、皆さん聞かれたことがあるかもしれません。

私の場合はその外側を先に変えたことで、内面まで変わっていきました。
逆に、内面が整ったから、外見も整えようという気持ちになる人もいます。
今までおしゃれに縁遠かったという人は、外見を整えることに苦手意識をもつ人もいらっしゃいます。また、内面だけが整っていればいいのではと考える人もいます。

でも、外見というのが、相手への思いやりであったり、プロフェッショナルな雰囲気で相手が安心するという相手軸で考えるビジネスツールだとしたら、できた方がいいって思えるはずです。

私たちの持っているスキルや能力は残念ながら見えないものです。
だから見えるようにしなければ即座に相手に伝わりません。
名刺の肩書が立派であっても、最初にみられるのは名刺ではなく、姿ですから。

例えば、話し方やプレゼンスキルなどはトレーニングする時間が必要ですよね。
それに比べて洋服は着るだけです。だから外見を整えること、服を変えることは、コスパがとってもいいんです。
ビジネスでもプライベートでも印象をマネージメントするのに使わない手はありません。
自分がビジネスで使っているスマホやパソコンは、自分のビジネスに合わせて機種交換をしたり、バージョンを上げていきますよね。

そう、ファッションだって、あなたのビジネスに合わせてスキルアップに合わせてバージョンアップしていくと、さらにビジネスが加速していくのです。

おしゃれになるのではなく、外見を整えていくと、楽だよ!楽しいよ!効率いいよ!あなたの価値が上がるよ!をお伝えし、行動して変わっていけるようサポートしていくのが私の仕事です。

 

*今よりもおしゃれになりたい!

*今よりもモテたい!

*今よりも綺麗になりたい!

*今よりも出世したい!

*今よりも仕事ができるようになりたい!

*今よりも幸せになりたい!

小さなシフトから大きなシフトまで、自分で扉を見つけて、ひらいていくスキルとマインドを身につけられるようサポートします。

今、色々な立場で、色々なステージにいらっしゃる皆様の人生の扉をひらくスタイリングをいつも手渡して、それぞれの人生をシフトしていただきたい。

理想に向い自信を持って進んでいきたい人を毎日応援していきます。

<こんなことでお役に立ちたい>

得意なスタイリングは欲しい成果に特化した「ビジネスコーディネイト」

体型をきれいにみせる「スタイルアップコーディネイト」「着痩せスタイリング」

カラーカウンセラーとしての経験を取り入れた、内面に寄り添い自分の気持ち

を持ち上げてハッピーになれる「色彩心理ファッション」

自信を持って相手に伝えたい、相手に伝わる外見印象を創ることで皆様のお役にたちます。

クライアントの内面の魅力や理想のイメージを装いで表現すること、わかりやすく継続できるアドバイスやレポートが好評で16年も仕事をし続けてこれました。

・日々のモチベーションが上がり毎日が楽しくなった(30代女性)
・自信を持てるようになった(40代男性)
・ビジネスが軌道に乗った(40代男性経営者)
・お客様や部下から憧れの女性と言われるようになった(50代女性経営者)
・転職が成功した(50代女性)
・婚活が成功した(40代女性)
・お客様から名指しで好印象と投書をいただいた(20代女性)

また、企業研修講師としては、ビジネスパーソンのファッション研修を数多く担当。
おしゃれやトレンドよりも、クライアントに対して信頼される外見で成果を出す戦略的ファッションの研修、コンサルティングを行っています。

パーソナルカラー診断・骨格診断、ショッピング同行、美容室同行とトータルで行い確実にビジネスステージをあげるための実践的なアドバイスが好評。

相手に即伝わる外見印象を創るスタイリングで、成果をだしたいクライアントから大きな支持を得ている。
企業研修以外に、政治家の選挙スタイリングも手がけている。

2018年より、視覚に障がいを持つ方向けのセミナーや各種イベント、ショッピング同行などの個人サービスを担当。障害があってもファッションを大いに楽しんでいただくためのサポートに力を入れています。2021年からはおしゃれ相談会をzoomで開催中!

2022年より、聴覚に障がいを持つ方向けの手話通訳付きパーソナルカラー診断セミナー(魔法のワンピース主催)を開催中!

2020年より日本ノート協会の方眼ノートトレーナーとして、個人向けにノートによる思考整理術の講座を提供。
ファッションと同じく、自分が好きになり、変化させることができるマインドを自分でできるように手渡している。

方眼ノートを使ったビジネスコンサルティング(zoom)も2020年より開始。